【新法】ネット不正出品の対策開示、運営業者に責任 検討

ネット不正出品の対策開示、運営業者に責任 新法検討

政府は電子商取引(EC)の不正出品防止策に乗り出す。「売り場」を提供する運営者に、出品者の本人確認やトラブルが発生したときの責任を明示するよう求める。ネット通販で消費者を保護する新法をつくる。架空の連絡先を届け出た出品者が偽ブランド品を販売する事例が多発しているため、悪質な出品者の排除を運営者に促す。

Twitterの反応

今の状態だと規制は不可能と思います。 一日中、見張れるAIが居ても一つ一つを調べるとそのコストの方が商品より高くなるはず。 古物取引法の改正も必要ですね。匿名取引だと尚更です。

今更ブランド品対策かよ

Amazon様がいち早く動きそうな案件

新品はじゃんじゃん取り締まって欲しい

まず、転売ヤーをどうにかしろやい

バッタモン対策がやっと動き出したという感じ。しかし返品厨対策はまだまだですね。

ヤフオク、ラクマ しっかりと対応せざるを得なくなるね 今の対応がざるすぎ!

大分遅かったな

Amazonも対象になるならいいね

利用者保護の観点から良い方向に進んでいると思う。一部のフリマアプリはダメージか

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です